日本語自己紹介ーサークルでの経験を例に

以前はひとりになるのが好きで、協調性の乏しい(とぼしい)子どもでした。でも、それではいけないと思い、大学では邦楽(ほうがく)のサークルに入り、合奏(がっそう)を通じて協調性を培って(つちかって)きました。 その成果なのか、サークル内ではとてもよい人間関係が築け(きずけ)、私も副部長として部長や会計、書記の人たちと会務をこなすことができました。 特に、部創立20周年記念コンサートを開催し、成功に導け(みちびけ)たことは、みんなが力を結集(けっしゅう)し、協力しあったたまものだと思っています。この経験で自分にも協調性があることを知ってうれしくなりました。 アドバイス:結論が後回しになっている。

日本語自己紹介ーことわざを使って主張

はい、自分では意識して人と協調しようと努めています。それは、自分ひとりではできることもたかが知れているからです。大きな仕事をしようとするなら、人と和し、協力しなければなしえません。 ことわざに「己に勝ち、味方に勝ち、而して敵に勝つ」というのがあります。わがままを抑えて自分に勝ち、味方を心服させることができれば、本当の敵に勝てるという意味だと思います。味方とは一緒に働く仲間ですから、仲間と力を合わせれば、売り上げまたは成果という「敵」に勝てるのではないかということです。 ですから、私はチームワークを第一に考えているのです。 アドバイス:経験した例でアピールがほしい。心構え、建前論で終わってしまっている。

日本語自己紹介ー好奇心が旺盛

好奇心が旺盛で、何にでも興味を持ち、興味を持ったことはとことん調べる性格です。今は釣りに興味があり、道具、釣り方、釣り場、魚の種類、いろいろなことを調べました。インターネットで情報の収集と交換をしています。 釣りの前は音楽で、クラシックからジャズ、ロック、レゲエ、それからシャンソンやカンツォーネも聞きました。 飽きやすいわけではなく、積み重なって(つみかさねって)いくという感じで、高校生のときに興味をもった考古学(こうこがく)は大学でも専攻するくらいです。 御社の義務にも興味を持ちましたので、これからもより以上い勉強させていただきます。 アドバイス:音楽とさらに考古学と興味の対象を羅列すると印象は薄れる(うすれる)。

日本語自己紹介ー几帳面なので緻密に計算

周りの人たちからは几帳面(きちょうめん)だといわれます。たしかに、何かを始めるとき、たとえば資格試験の勉強をするときなどは必ず計画を立て、それに必要な労力と時間を計算し、目標を達成するためのスケジューリングをするくせがあります。いついつまでにここまでやる、すべてを終わらせるまでには何日かかるなど、細かく計算しておかないと気がすみません。もちろん、決めた目標はきちんと計画どおりこなしていきます。 でも、決してその計画にしばられるわけではありません。不測(ふそく)の事態に陥った(おちいった)ときは、計画変更や軌道(きどう)修正もします。そういう柔軟性(じゅうなん)も持ち合わせていると自分では思っています。 アドバイス:本人が強調するだけでは効果は薄い。実例がほしい。

日本語自己紹介ー積極的な性格

自分では積極的で前向きな性格だと思っています。たとえば、友人どうしでどこかへ行こうという話しになったとき、真っ先に賛成するのが私です。賛成するだけではなくて、幹事役をかってでて、計画を推し進めようとします。実行するのが難しいかな、とおもわれるときでも「とにかくやってみようよ」と仲間を巻き込んでやれるところまでやってみます。 もちろん、失敗したこともありますし、計画が100%達成できなかったこともあります。 そういうときでも、私は「これを経験にして成長しよう」と、思うことにしています。実行しないで後悔するより、挑戦して失敗するほうが、自分のためにもなり、自分らしいと思うからです。私はそんな人間です。 アドバイス:長所は短所でもある。見通し(みとおし)もなく突っ走る(つっぱしる)のは計画性がないともとられかねない。失敗して反省もしないのでは成長はない、という見方もある。

日语生活交际会话ー練習2

1、部長:まあ、頑張ってください。期待してますよ。 新入社員:はいっ、頑張ります。 2、こんな所で立ち話もなんですから、どうぞお上がりになってください。 いえ、今日はちょっと立ち寄っただけですから、これで失礼します。 そんなことおっしゃらずに。さあ、どうぞ。ご遠慮なさらないで。 すみません。じゃあ、ちょっとだけお邪魔させていただきます。 どうぞ、どうぞ。散らかっておりますけど。 すみません、お伺いしたのに。 3、いやあ、岡部(おかべ)さん。ようこそおいでくださいました。 ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか。 はいはい。このとおり元気ですよ。 4、芳江(よしえ)さん、お茶お出ししてさしあげて。 あ、どうぞおかまいなく。すぐ失礼しますので。 まあ、そんなことおっしゃらずに。どうぞゆっくりしていってくださいね。 すみません。いきなりおじゃましてしまって。 まあまあ、そんな他人行儀な... more...

日语生活交际会话ー練習1

今度の翻訳(ほんやく)の仕事にはさんざん苦しめられました。 ようこそお越しくださいました。 どうもすみません。すぐ失礼しますので。 おじいちゃんはもうすっかり元気になりました。 先日はどうもわざわざありがとうございました。 ちゃんと答えられるかどうか、自信がありません。 先日は旅先からのお手紙、ありがたく拝見いたしました。 いきなりお邪魔して、どうもすみません。 これ、たいしたものではありませんが、皆さんでお召し上がりください。 昨日は大きなミスをしてしまって部長にきつく叱られましたよ。 さあ、どうぞ。せっかくですから。お上がりになって。 そんなに気を使っていただかなくても結構ですのに。 どうぞご遠慮なさらずにおっしゃってください。 うちは気が早いんで、もうとっくに済ませましたよ。 どうぞ、どうぞ。散らかておりますけど。 ほんとに、なんと申し上げてよいのやら。 こんな所で立ち話もなんですか... more...

日本語自己紹介ー明るさでは負けない

セールスポイントは明るさです。子供のときからクラスのみんなを笑わせたり、楽しませることが得意で、ムードメーカーといわれています。 私は、元来楽天家で、失敗しても落ち込むことがありません。くよくよしたって始まらない、明日は明日の風が吹く、笑う門には福きたる、というのが私のモットーです。 アドバイス:笑わせることと明るさとは違う。説得力のある内容ではない。モットーを述べるのはよいが、手あかのついたことわざでは安直すぎる。羅列すればよいというものでもない。

日语生活交际会话ー練習

例句: 木村太郎の母でございますが、息子がいつもお世話になっております。 おうわさを伺い、ぜひお目にかかりたいと思っております。 未熟な私ともですが、何とぞよろしくご指導ください。 ただいまご紹介にあずかりました新郎の友人の田中でございます。私のような者が、このような場で僭越(せんえつ)とは存じますが、一言ごあいさつ申し上げます。 あなたが中村さん?弟からよく話は聞いてます。 例文: 1、人でいっぱいでしたでしょう。 ええ、もう、大変でしたよ。 2、値段がすごく高かったでしょう。 ええ、もう、びっくりしたよ。 3、バス、とっても混んでいましたでしょう。 ええ、もう、押されて、大変でしたよ。 4、王さんの講演、よかったでしょう。 ええ、もう、感動しましたよ。 5、その映画、怖かったでしょう。 ええ、もう、心臓が止まりそうでしたよ。 1、まあかけたまえ。 失礼します。 2、まあ、入りたまえ。 ... more...

日本語自己紹介ーまじめが取り柄

私のセールスポイントは、何事にも一生懸命、まじめに取り組みことです。それでは面白味に欠けるといわれそうですが、私はまじめがいちばん大事だと思っています。 授業で課される(かされる)レポートも、友人のなかには、本1冊まる写しにする人がいますが、私はあくまでも、文献(ぶんけん)を調べ、実地(じっち)調査をし、資料を集め、何度も図書館に通って仕上げます(しあげます)。それはよい点がとりたいからではなくて、そうすることが自分のためになると信じるからです。 自分にできること誠実(せいじつ)にそれを実行する、というのが私のやり方で、それをセールスポイントにしています。 アドバイス:まじめさは仕事をする上での基本。セールスポイントにはならない。